介護・福祉業界研究

ニュースに触れて介護業界を知る

介護・福祉業界は注目業界のため、それにまつわるニュースを目にすることが多くあるでしょう。子供
まず、高齢化社会において、団塊の世代が70代を迎える2025年に向けて、業界全体で雇用を盛り上げていこうと企業も息を巻いています。

2025年には、介護業界に従事する人材が、40万人近く足りなくなると推測されています。
求職者としては、かなり狙い目とも考えられる介護業界の研究をしていきましょう。

面接や、エントリーシートでも、介護業界についての質問をされることも多いでしょう。
ましてや、一般的にも介護業界が、大きくなっていると認知されているなかで、ニュースや新聞の情報を知っているのは最低限の業界研究です。

しかし、いくら最低限といっても、ニュースや新聞離れが進んでいる大学生にとって、ニュースを見ている、新聞を読んでいるだけで、ちょっとした差になる可能性もあります。
手軽かつ、時間のかからない業界研究の一つです。

求人情報を見て、働くイメージを固める

先ほどの介護業界の現状を知るのは、あくまでも業界の概要を知ることであり、実際に働く際のイメージを固める必要もあります。

本当に自分の目指す業界なのかどうかという点を見極めるのは、業界研究と自己分析を兼ね備えた、とても大切な就職活動の一つです。

そこで、簡単にできるイメージトレーニングとして、実際の求人情報を見てみましょう。
求人情報には、給与や休日などの待遇面での詳細も載っているため、非常に役立つことがたくさんあります。

求人サイトの一例として、以下のような求人情報も見てみるのも良いでしょう。
>>介護のお仕事

このサイトでは、全国の介護業界のお仕事が集められています。
また、業種・施設など詳細な検索システムもありますので、より、詳細なイメージがわくことでしょう。

説明会やOB訪問

業界について、待遇についての確認ができたら、後は実際に働いている人の声を聞ければ完璧です。
そこで、説明会やOB訪問により、働いている方にやりがいや、苦労話を聞いてみるとより良い業界研究ができるでしょう。

面接でも、実際に働いている方の話を聞いて、やる気が出たとか、イメージがつかめたため、介護業界を志望したというエピソードにできると、面接官の印象も良くできるかもしれません。

今は、情報も豊富にあふれている時代ですので、そういった座学にとらわれないで、実際の情報をもとに動ける人が重宝される傾向にあります。
しっかりと方法を見据えて、介護業界への就職を考えてみましょう。