金融業界研究

安定を望むなら

金融業界は、バブル期のような派手さは無いものの、現在でも安定した業界です。お札
一般的な他の業界の企業よりも倒産はし難いと考えて良いでしょう。

以前のように、金融業=エリートというわけではなくなりましたが、将来的に安定を望むなら、金融業界への就職はおすすめです。

ただし、金融業界、特に人気が高い銀行への就職は依然として厳しく、簡単なことではありません。
学歴社会が依然として残っている業界でもありますので、有名大学出身ではない人は、有利な資格を取得するなどして、就職試験に臨みましょう。

他の金融業界の企業、信販会社や消費者金融、証券会社、信用金庫、保険会社なども就職希望者が多いので、是非、資格は取得しておいてください。

おすすめの資格には、ファイナンシャルプランナーや簿記、中小企業診断士、証券アナリスト、宅地建物取引主任者、社会保険労務士などがあります。

また、大手銀行をはじめ多くの金融業では外国での取引も行っていますので、グローバルな人材を求めています。
英検2級以上を取得したり、TOEIC730点以上を獲得しておきましょう。

今の自分にどんな資格が取れるだろう?
そう思っている人は、下記のサイトを参考にして、各資格について知ることから始めましょう。
>>NAVERまとめ

取得方法や勉強法についても説明されているので、参考になることでしょう。
金融業界に就職を臨むなら、これくらいの努力は必要です。
諦めずに挑戦してください。

金融業界に向いている人

金融業界は、お金を扱うことが主な仕事です。
そのお金は、顧客から預かった預金だったり、ローンの返済金だったりしますので、責任をもって守らなければなりません。
ですから、金融業界で働く人は、責任感が強い人が向いているでしょう。

また、金融業界の多くの企業は、大きな組織が編成されていますので、その組織の中で上手く適合することが求められます。

特に、大手銀行のように、社員が多い企業では、組織としての考え方が強く、個人の意見など認めないケースもあるようなので、どちらかというと、真面目にコツコツと仕事をするタイプが向いていると言えます。

しかし、営業の部門に回されると、かなり大きなノルマが与えられるので、真面目にコツコツとやっていては成績が上げられません。

企業によっては、業績が上げられない社員は、リストラ対象として挙げられることもあるそうなので、コミュニケーション能力や会話術も身に付けておいた方が良いかもしれません。