流通業界研究

流通業界のこれから

現在、流通業界は変動の時代を迎えています。オンラインショップ
日本の流通業界のシステムはこの数十年の間にほとんど変化していませんでした。

それがインターネットの登場によってEコマース市場がどんどん成長しており、今の勢いだと2025年には小売業界全体においてオンライン上の販売総額が3割程度に達する見込みとなっています。

すでに一部の商品においては商品購入をオンライン上で済ませるという方が増えているのです。
たとえば、欲しい商品があったとして実店舗に行ったとしても在庫が残っているとは限りません。

また、欲しいものが明確に決まっているなら、オンライン上で注文した方がメリットは大きく、実店舗で購入するメリットはほとんどないでしょう。

オンラインショッピングの環境はとても整備されていて、注文したものがその日のうちに届けられることも珍しくなくなっています。

こうなってくると流通業界において卸業者はもう不要なのではないかという意見も出ています。
オンライン上であれば、たとえば生産者に直接注文をして商品を購入することができるのです。

実店舗をメインとしている小売業にとってこれは大きな影響を受けてしまうでしょう。
すでに日本中でスーパーマーケットや百貨店などの実店舗が潰れているという現実があります。
マーケットが多様化していく中で、今後は小売業が新しいスタイルを確立する必要があります。

流通業界全体を通してみると、これからも業界は盛り上がっていくことが予想できます。
そもそも生活をしていくために必要なものはたくさんあり、それらを消費者に届けるための流通業界はいつの時代にも必要な存在だからです。

ただし、流通のあり方が変わっていこうとしている現代においては、特に小売業に変化が求められている時代となっています。

店舗を広告媒体として活用する

オンライン上の取引がメインになったとしても、実店舗が不要となるわけではありません。
たとえば、実店舗に行かなければ実際に商品を見たり触れたりすることはできません。
今後は、実店舗ならではの魅力をアピールしていく展開が予想できるでしょう。

実店舗でしか体験できないことがあるならば、たとえオンライン上の取引が優位になったとしても、実店舗にも存在価値が生じるのです。
お店でしか味わえないようなワクワク感を得たり、広告媒体として店舗を活用していくのです。

実店舗というのは大きな宣伝効果を持っているのです。
その商品の雰囲気を実際に生で感じることができるため、オンライン上で写真や映像を見ただけでは味わえないような感動がそこにはあります。

また、実店舗は商品だけではなくてサービスを売るという側面もあります。

細かい対応はやはり実店舗の方が優れているでしょう。
お客様に対して充実したカスタマーサービスを用意して、商品購入のためのアドバイスをしたり、買い物客に商品を印象づける仕事は重視されるようになります。

実店舗はこれまで無機質に商品を陳列するだけでしたが、これからはレイアウトを工夫して、一つのメディアとしてビジュアルを重視していく傾向が強くなるでしょう。

ソーシャルメディアと上手く連携しながら全販売チャネル対応型の実店舗が求められる時代です。
消費不況と呼ばれている現代においては、商品を魅力的に宣伝することはとても大切です。
その中で実店舗が果たしていく役割はむしろ強まっていくでしょう。

今後の流通業界は大きな変貌を遂げていくでしょう。
これまでは海外の有名企業の真似をすることが多かったのですが、これからは日本の現状に合ったオリジナルの戦略をする必要があります。