製造業界研究

重要な産業

かつては日本を支えていた基幹産業といわれていたのが製造業です。製造
それは今でも変わらない部分であり、これからの日本にとっても製造業はとても重要な産業の一つとして発展を続けていくでしょう。

ただし、これからは今までのような方法で製造業を発展させていくのは難しいでしょう。

そもそも、高度成長の時代に日本の製造業が発展できたのは、安くて質の良い製品をどんどん海外へ輸出することができたからです。

しかし、現代は円高が進んでおり、日本の人件費も高くなっているため、世界的に見て、日本の製品は優位性を失っています。
たとえば、中国のような人件費の安い国にシェアを奪われている状況があるのです。

日本製の製品の品質は素晴らしいとされていましたが、技術が発展したことによって、日本以外の国でも、たとえ途上国の人が安い人件費で製造開発に携わったとしても、問題のないレベルの品質の製品を作り出せるようになりました。

そのため、これからの日本は製造業でより付加価値を出していくことが求められるでしょう。
製造拠点は海外へどんどん移っています。

これは人件費を抑えるためであり、グローバル市場で勝ち抜いていくために製造業の企業が選択した道なのです。
これによって、日本国内からの輸出は大幅に減少しました。
地方からは工場がどんどん消えていき、仕事がなくなったために都市部へ人口が移りました。

このように製造業の動向によって日本中に影響を与えてきたのです。
これからの日本経済の行方を決めるのは製造業であるといえるでしょう。

今後はグローバル市場に上手く適応した戦略で製造業が経営を進めていかないと危険な状況となるでしょう。

日本が優位な製造業

日本は現在でも世界的に見てトップクラスの技術大国であることは事実です。
たとえば世界中で使われている産業用ロボットの過半数は日本のものです。
海外の製造業の中には日本に頼っているところが少なくありません。

このように日本が優位な立場にある分野も存在していることをきちんと認識するべきでしょう。
これまでの長い日本の歴史の中で培ってきた製造業の独自のノウハウが存在しています。

中には埋もれてしまっているようなノウハウも存在しており、それらを上手く取り出して、新しいものを生み出すために活かしていくことも大切でしょう。

日本の製造業が海外に比べて優位となっているのはコストや機能といったものだけではなく、それ以上に信頼性があります。
今でも日本の製造業は信頼できるというイメージが海外には存在しています。

昨今はコスト削減をして品質を低下させているような企業が多数存在しているのですが、そのような方向性へ進んだとしても、海外の豊富な労働力や資源には太刀打ち出来ないでしょう。

また、日本はこれまで他国と上手く連携することが苦手でした。
これからは他国の企業と共同で製品を開発したり、研究をするという方向も大切になるでしょう。

他国の文化や風習を学ぶことによって、そこから得られたものを日本の製造業に活かしていくのです。

そうすれば、日本独自の製品や技術を生み出していくことがこれからもできるでしょう。
ニッチな分野であれば、日本の中には世界的に圧倒的な強さを確保している企業はたくさん存在します。
たとえば軽自動車に関してはスズキは日本だけではなくインドでも高シェアを維持しています。

テルモという医療用品の企業はガイドワイヤの市場において世界で6割のシェアを持っています。
このような企業は他にも日本にはたくさん存在しているのです。

たとえ小粒であってもグローバルに活躍する企業がたくさん誕生すれば、それによって日本の製造業は堅固なものとなるでしょう。