金融業界について

人気が高い金融業界

バブル期の好景気から、多くの若者が金融業界への就職を希望します。外資系サラリーマン
金融業界に就職できた人は、エリートというイメージが強いのではないでしょうか。

業績を上げれば、30代で年収1,000万円も夢ではありません。
近年では多くの外資系企業も日本に進出してきていますが、外資系においては、2、3000万円という高額な年収をもらう人もいます。

金融業界へ多くの若者が就職を希望する一番の理由は、この給与の待遇の良さです。
しかし、金融業界の企業に就職すれば、誰でも高収入を得られるのかと言えば、そうではありません。

金融業界では業績重視。
業績を上げられず、辞めてしまう人も、実は多いのです。

有名大学を卒業して、金融業界に就職。
これは、絵に描いたようなエリート街道で、誰もが憧れますが、無理して金融業界に就職しても、自分に合わない仕事だったら、結局は業績を上げられず、早々に辞職しなければならなくなるかもしれません。

金融業界は、年収は高いですが、それだけ厳しい業界だと思っていた方が良いでしょう。

金融業界へ就職したいと思うなら、まずは、その仕事が自分に合っているかどうかを見極めることが大切です。
金融業界といっても、様々な職種がありますので、簡単ではありますが、ご紹介していきたいと思います。

銀行、信用金庫、信用組合

金融業と言えば、銀行をはじめ、信用金庫や信用組合を思い浮かべる人が多いでしょう。
これらの企業は、事業所や企業から金銭を預かり、それを元手に住宅ローンや教育ローンをはじめ、企業へ大口融資などを行い、その金利などで収益を上げています。

しかし、その業務内容は年々変化してきており、現在では、投資信託や国債、個人年金保険などの資産運用も銀行の業務の一部に組み入れられ、特にメガバンクは、これらの業務に力を入れるようになってきました。
これは、総合フィナンシャルサービスと言われる新しい業務形態です。

証券、投資信託

証券や投資信託と言えば、証券会社をイメージする人が多いと思います。
証券会社は、バブル崩壊後、運営が危ぶまれていた時期もありましたが、現在ではとても勢いのある業種となっています。

近年では、メガバンクをはじめとする銀行などが証券取引や投資信託に参入しているだけではなく、外資系企業も進出してきていて、激しい競争を繰り出していますが、そのおかげで業界が活気づき、よい結果を生んでいるようです。

また、個人用の少額で投資ができ、しかも非課税というNISAが解禁となったことも、利益増に繋がったと言えるでしょう。

自分で金融業界を調べてみよう

他にも金融業界には、保険会社や、消費者金融、信販会社など様々な業種があります。
金融業界の様々な業種について調べるなら、下記のサイトがおすすめです。

どうぞ、参考にしてください。
>>業界動向

それぞれの業務内容や仕組みなどについて、色々と調べてみると、自分に合っているかどうかの判断の材料にもなるでしょう。

金業業界=エリートと単純に考えるのではなく、よく見極めて選ぶことをおすすめします。