製造業界について

日本の経済を引っ張る製造

製造業界といってもその範囲は広く自動車や工業機器、パソコン、おもちゃ、部品、楽器、家具、紙類、洋服、石油製品、化粧品、医薬品、そして、お菓子や惣菜、パン、飲み物を作る業種も製造業界に含まれています。工場

このような日本の製造業は、世界中から認められており輸出量も多く、日本の経済を引っ張る重要な産業です。
そのため、従事している人も他の業界に比べて、非常に多いのが特徴です。

また製造業界では、物を製造するために多くの材料や機械・部品を使用するため、他企業との繋がりが強く、ある製品の製造が増加したり、減少したりすると、その影響は他の企業にまで及びやすいというのも、産業業界の大きな特徴となっています。
そのため、日本全体の経済にも大きな影響を及ぼしていると言えます。

日本の製造業界は質の良い製品を製造することで、世界から知られていますが、価格が高いというのがネックで、日本の製品を真似て製造した、価格の安い製品が国内にも蔓延り、一部の製造業に打撃を与えたこともあります。

そのため、大手企業をはじめ、海外の人件費が安い国などに工場を設け、製品にかかるコストをなるべく下げようとする企業が多く見られるようになりました。

しかし世界中で質が良いために使い勝手が良く、長持ちすると、日本製品の質の良さが賞賛され、現在では、価格を安くする努力よりも、さらなる品質向上を目指して、品質管理を徹底して行う、高付加価値製品を製造する企業も多くなっています。

製造業界の業種

製造業界は既にお話ししましたように、範囲がとても広いので、この業界には非常に多くの業種が存在しています。
単に製造業界で働くといっても、業種によって製造する物も、製造方法も全く異なりますので、自分は何を作りたいのか、よく考える必要があるでしょう。

製造業界の主な業種をご紹介すると、食料品をはじめとしゴム製品や電子部品などの数多くの製造業があります。
製造業界にはまだまだ、多くの製造業が存在していますが、作っている製品によって分類されていますので、総務省が公開している日本標準産業分類で確認してください。

製造業界での働き方

製造業界では、物を作るという働き方をする人がほとんどです。

大手企業の工場で、流れ作業の中で部品を組み立てたりする人も物を作っているわけですし、小さな工房のようなところで、洋服や家具などを作っている人も物を作っています。
製造業の基本は物を作ることなのです。

しかし物を作る以外にも物をデザインしたり、より良い製品を作るために製品開発を行ったり、様々な材料について研究を行ったりすることも製造業では重要な仕事です。

また、製造した製品を一人でも多くの人に使ってもらうために、製品を宣伝したり、営業をし、市場を広げることも、無くてはならない仕事でしょう。

他にも、業種によって、必要とされている仕事がたくさんあります。
物を作ることが苦手でも、違う形で製造業界に携わることは、それほど難しいことではありません。