面接後のお礼メールについて

お礼メールは早めに出すのがポイント

昔と今の就職活動で最も大きな違いとなるのがメールの存在です。
既にメールを使った連絡は電話やFAX以上に当たり前のものとして企業で使用されていますので、少し昔の就活マニュアルにあるような「メールでの挨拶は失礼にあたる」ということもありません。

むしろここ最近では言った言わないの間違いがないように、重要な連絡は履歴の残るメールを使うという方法が一般的なのでメールで送ることそのものに抵抗感を感じる必要は全くないでしょう。

ただしメールの場合には郵送や電話、FAXと異なり即時性が求められるので、何か要件がある場合に返信が遅くなってしまうとそれだけでマイナス評価になります。

メールの使い方も採用となった場合のビジネスマナーをはかるポイントになってくるので、他の就活生との差をつける意味でもしっかりしたメールを担当者の人に送るようにしましょう。

必要な連絡事項とは異なり、出さなかったからといってそれでマナー違反になるわけではないのが面接あとのお礼メールです。
お礼メールは書類選考のための封書郵送に入れる「送り状」と一緒で、ないからといって就活に滞りが出るわけではないものです。

ですが必ずしも必要ではないものだからこそ、その一手間があることで「気のつく人だ」という仕事につながる能力のアピールになるのであらじめ送ることを前提に考えてください。

お礼メールを作成するときのポイント

面接のあとにお礼メールを出す場合、守っておきたいポイントがいくつかあります。
まず最初に注意したいのが、ウイルスメールとして間違われないようにするためわかりやすい件名をつけるということです。

携帯電話やスマホでメールを出す場合、件名を空欄のまま送信する人もいますがビジネスでメールを使用する場合件名の入力は必須です。
以前にメールで面接についての連絡を受けているなら、それを返信して「Re:」が冒頭につくようにするとより親切です。

またメールの一番下の部分に署名をつけるということも大切です。
署名はいくつかテンプレートがあるので他の人のものを参考にしてほしいですが、氏名や電話番号など折り返し連絡がしやすいようにしておくのがコツです。

文面は冗長になりすぎないよう、定型文による冒頭の挨拶のあとに、面接のために時間をとってもらったことへの感謝や面接時の印象(丁寧に話を聞いてくれた、会社のことを説明してくれた)というようなことを感謝の言葉を添えて書きます。

最後に採用となった場合には全力で頑張りますといった前向きな言葉で締めくくり、定型文で挨拶をして終わりにします。
どんな長さでどういう内容にするかは職種によってまた異なるのでいくつか業界研究をして文章を組み立ててください。