私服面接の際の注意点

私服面接を行う企業の狙い

就職活動が始まる時期になると決まってネタにされるのが「日本人のおかしいところ」として撮影される就職説明会での様子です。
就職活動のために集まる学生たちの姿というのは、みんながみんなリクルートスーツに決まりきった髪型とまるでクローン人間が集まったかのような異様さがあります。

新卒一括採用という採用方式をとっている以上は仕方のないことと言えますが、ここまで徹底的に没個性な学生ばかりが集まるとなると採用担当者もどこでどう違いを見つければよいかがわかりづらくなってしまいます。

そこで最初の入口で誰もかれもみんな同じとならないように個性を見せる場を作る企業も出てきました。
それが私服面接の導入です。
私服面接は文字通り採用面接で私服着用を義務付けるもので、指示があるにも関わらずリクルートスーツで参加をするということはできません。

私服面接が行われることが多い業種としては、ファッションセンスが求められるアパレル業界や、自由な発想が求められるIT系企業やクリエイティブ系企業が挙げられます。

私服といっても普段日常着として使用している服装ではなく、ビジネスをしていく場にふさわしいオフィスファッションを選択しなくてはいけないのが悩ましいところです。

「私服も可」はチャンスと考える

ファッション業界や化粧品業界などでは面接時の私服着用を義務付けることが多いですが、他の業界では義務ではなく「私服も可」という言い方をしているところが見られます。

この場合あくまでも「私服でもよい」という意味になりますので、私服選びが苦手という人ならリクルートスーツで行っても問題ありません。
しかしせっかく私服で個性をアピールするチャンスがあるのですから、できるだけ私服で行く戦略はとりたいところです。

私服面接で許されるファッション範囲というのはいわゆる「オフィスカジュアル」と言われるもので、男性ならばテーラードジャケットにチノパン、女性ならジャケットもしくはカーディガンにスカートかパンツといった組み合わせが定番です。

こうしたオフィス向けファッションというのは専門の雑誌やファッションブランドがあるので、これから選ぶセンスを磨きたいならどこかお気に入りのメーカーを見つけるのがよい方法です。

「私服も可」の面接の場合、大抵の企業では定番リクルートスーツで来る学生が大半かと思われます。
なので気合を入れて私服を選んできたのに、私服は自分ひとりやごく少数派でびっくりしてしまうこともあります。

ですがそこで萎縮をしてしまうようでは本末転倒です。
反対に「自分だけだった。ラッキー」くらいに思う気持ちの強さで堂々と面接にのぞみましょう。