就活に有利な資格とは

業種・業界を問わずに有利となる資格

少し前までの就職活動においては「資格が多いほど就活に有利」という言説がまことしやかに流れたせいで、在学中に資格マニアと言ってよい勢いで何でもかんでも資格をとる学生がよく見られていました。

しかしその資格ブームも一巡し、現在では資格があるということだけで就活に有利になるということはなくなりました。
言い換えれば資格が多い「だけ」の人材は、企業にとっては喜ばしくない結果を招いてしまったということでしょう。

とはいえ職歴のない新卒の学生が行う就職活動においては、他の就活生との差異をアピールする資格はまだまだ有効な手段となります。

大切なのはどんな資格でもないよりある方がよい、といった数撃ちゃ当たる方式ではなく、企業側が欲しい人物像を期待させてくれる資格をピンポイントで狙い撃ちする「量より質」方式にするということです。

学生から人気の高い業界として、金融や商社、サービス企業、IT企業、インフラ企業、メーカーといったところが挙げられます。
これらは一見バラバラの能力が求められるように思いますが、新卒での就活では求められる能力は共通した部分も多くあります。

具体的には「簿記検定」「TOEIC・TOEFL」「マイクロソフトオフィススペシャリスト」といった基本的な仕事力のもとになる技能資格です。

時間がある学生時代に取得しておくとあとから使える資格も

簿記検定は民間資格としていくつかの団体で主催されていますが、中でも最も有名なのが「日商簿記検定」と言われる日本商工会議所が主催するものです。
簿記資格は会社を運営していく上で不可欠となる経理や会計の基礎知識を備えるものなので、どんな会社に言ってもよい評価を受けます。

TOEICやTOEFLといった英会話資格については今更説明をするまでもないと思います。
英語能力というのは外資系や商社ならば確実に高いレベルで必要になりますし、その他の仕事をしていく上でも人事担当者に好かれやすいアピールしやすい資格です。

マイクロソフトオフィススペシャリストは会社で使用することになるPCで業務に最低限必要になる操作ができることを証明するものです。
ここ最近ではスマホやタブレットまでなら使いこなせてもパソコンの基礎的な取扱は全くできないという就活生も増えているので、就活市場で強力なインパクトになります。

これら3つはごく基本的な資格なので、時間がとりやすい学生時代の有利を生かしてより難易度の高い資格を狙うという方法もあります。
司法書士や行政書士、宅地建物取引主任者といった法律系資格は受験資格がないものが多く、通信教材を使用した独学でも十分取得のチャンスがあります。